ライン

☆酸性とアルカリ性を計る‘ものさし‘のことをPH(ペーハー)と言います。
(ペーハーとは水素イオン濃度指数の事です。)

酸性を示す(水素イオン)アルカリ性を示す(水酸イオン)の割合で決まります。
・両方が同じ濃度指数(ph7.0)の時を科学的中性点といいます。

(理科の授業みたいなお堅い話になってしまいました。f(^_^)) 


 

酸性の特徴
 酸性はレモン、お酢などに見られるとおり、
強い殺菌作用
引き締め作用があります。

 ・殺菌作用とは病原菌などを殺す作用の事を言います。 
  ☆お寿司などが酢飯なのは、この殺菌作用による消毒もかねているのです。

 ・引き締め作用とは、たるんだ皮膚などを引き締める作用です。 
 
  ☆弱酸性の化粧水は、お肌を引き締める為にオススメです。
     *酸度の強すぎには注意してください!!

アルカリ性の特徴
 アルカリ性は、膨潤作用腐食作用強い洗浄力があります。
   ・膨潤(ぼうじゅん)作用とは、細胞などを膨らませる作用をいいます
        (石鹸などで、ふやけた状態などが膨潤している状態です。)
    ・腐食(ふしょく)作用とは、物を腐らせる作用をいいます。
    ・強力な洗浄力がある洗剤はアルカリ性の物が多いです。   

酸性
アルカリ性
適正なPHの場合 ○殺菌作用がある。
○引き締め作用がある。
○潤いを与える。
強いPHの場合 ●潤い分を取りすぎ
 肌をきしませる原因になる。
●鉄などを錆びさせる
 (BJの店はこれで泣かされます(T.T))
●皮膚をたるませる
●細胞を腐らせる

身体に対してのペーハーの話はその2で説明させていただきます。
この文字か下のススムから次のページに進んでくださ



タンパク質(肌や毛髪)に対する酸性とアルカリ性の実験です。

ライン