ベル・ジュバンス基礎学講座
第三回  山崎球体理論

ベルジュバンスがお顔のしわ防止?
〜〜顔に対する嬉しい副作用〜〜
その1 山崎球体理論

顔と頭って何処からが顔で何処からが頭なのでしょ??
髪の毛が生えている所が頭??
10年前までは眉毛5cm上が頭でしたが、近年は眉毛上15センチが頭になりました。
なんて、笑い話になってしまいそうです。

しかし、実際には
お顔には弱酸性の化粧水をつけて、
頭にはアルカリの毛染め&パーマ液を付けています(;;
不思議な話ですね!!

山崎球体理論では、「首から上を一つの球体と考えます。」
何処からが顔?頭?ではなく、
同じ細胞であり、同じ体の地続きな部位と考えています。
その2 アルカリパーマ&ヘアダイがシワの原因??
衝撃な見出しを書いてしまいましたが・・・・・・原因の一つなのです!!
第2回のPHのお話でも書きましたが、
アルカリ性の特徴の一つに「膨潤作用」があります、
強いアルカリ性の薬液でパーマ&毛染めをすると頭皮が膨らんでしまうのです。
膨らみ続けてパンとはじける!!って事は無いです(^^;

体の自然治癒力によって元の大きさに戻ります。(ご安心下さい)
しかし・・・・大きさは戻りますがたるんでしまいます;;
風船を想像していただけるとわかりやすいと思います。
新品の風船は貼りが良いのですが、一度膨らませた風船は弛みが出ます・・・そんな感じです。

山崎球体理論ではおでこのシワが出来てしまうのは、
「地球からの引力が原因」と言う考えもあります。
大袈裟な書き出しになりますが(^^)
たるんだ頭皮は地球からの引力によって顔に落ちてきます。
顔に落ちた頭皮はだんだんと溜まって行き、
何時かは目が無くなってしまいます・・・・・これはウソです(笑)
本当は鼻からおでこに向かって縦の筋が通っているのです。
その縦の筋の上に頭皮からのたるみが溜まってしまいシワの原因になるのです。
(同業者の方へ、パーマ&毛染めの後は弱酸性の物でPHコントロールしましょう!!)
その3 ベルジュバンスで顔のシワの防止??
 さて、今回のお題でもある「お顔のシワの防止〜〜顔に対する嬉しい副作用〜〜」ですが、
もちろん、このHPの事ですからベルジュバンスのお話です。

ベルジュバンスはお肌の等電点であるPH5.0よりさらに1.5酸性側で施術いたします。
ですから、酸性の引き締め作用が頭皮と皮膚に働くのです。
引き締めらた頭皮が顔に落ちてシワになってしまった皮膚を引っ張り上げるのですね。
(ちなみに、昔の美容整形では皮膚を切り詰めてたそうです・・・恐ろしや〜〜)

これが、ベルジュバンスの嬉しい副作用
「お顔のシワの防止」な訳なのです。

ぜひ一度ベルジュバンスの「うれしい副作用」を体験してみてください

ベルジュバンスのヘアーエステ、ベルジュバンスウェーブ、 
ヘアケアー商品、スキンケアー商品は、
「等電点生理学」と皮膚、毛髪に優しい「適性酸度」を中心に
弱酸性美容法をオススメしております。